インフォメーション

「小さな町から 小さな町へ」東日本大震災 支えあおうプロジェクト 

2011年3月11日、東日本を襲った大地震と、津波。そのあまりに凄まじい惨状に、何か力になりたい、と思う人は少なくないはずです。でも、遠く離れた土地からボランティアに駆けつけるのは難しい、義援金の募金はしてみたものの、本当に困っている人たちに届いているのか不安、そんな声をよく耳にします。

"「小さな町から 小さな町へ」東日本大震災 支えあおうプロジェクト"は、京都府の真ん中、亀岡市という人口10万人に満たない小さな町から東日本の小さな町へ、モノは少なくても気持ちのこもった支援、顔の見える支援を続けたい、そんな気持ちを持った市民の声で始まりました。

"小さな町"ならではのネットワークを活かして、市内の各自治会や企業、行政、NPOの連携により、特に十分に支援の行き届かない在宅避難者や仮設住宅へ入居をめざす被災者のみなさまに、細やかなニーズに沿った支援を重点的に行うことで生活再建に貢献することをめざしています。

「小さな町から 小さな町へ」支えあおうプロジェクト Team KAMEOKA

PageUP